イッタナジオについて♪酸化・糖化・炎症編✨ 5年、10年先もキレイな髪・頭皮・肌のために😌

こんにちは😌

広島市南区段原・段原南にある、美容室・美容院、隠れ家サロンのニコヘアー、シャンプーソムリエ兼オーナーの原です( ^∀^)

 

今回はこのホームページでも何度か書いた事のある内容で重なる所があると思いますが、今回のイッタナジオの講習を受けて改めて発見した事を書いて行こうと思います✨

 

まず酸化とは…活性酸素を知ることから始まります。

活性酸素とは、私たちが酸素を取り込み、食事で摂取した栄養素を燃やしてエネルギーを作ります。その過程で酸素の一部が変化し「活性酸素」になります。この時の活性とは、酸化する力の事を言います。

この時に普段吸ってる酸素の約2%は活性酸素になります。

活性酸素は体内に侵入した細菌やウィルスの攻撃からカラダを守ってくれるとても大切な物質ですが、酸化力が非常に強いため過剰に発生した場合、正常な細胞まで攻撃をしてしまいます。

そもそも活性酸素はとても不安定な状態であるため、安定したいために他の物質と結びつこうとします。活性酸素が他の物質と結びつくことにより酸化(サビ)が起きます。これが頭皮の上ではこの活性酸素が頭皮の脂とくっついて過酸化脂質(毛穴に溜まる脂)になります。そして、この過酸化脂質を除去しなければさらに健康な頭皮の細胞に攻撃をして頭皮トラブルに繋がりやすくなります。

活性酸素の発生に関係のあるもの

ダイオキシン排気ガスなどの環境汚染物質、食品添加物、過剰な紫外線、過度なストレス、タバコ、激しい運動、食べ過ぎ、放射線、電磁波(パソコン、電子レンジ、電気毛布など)

活性酸素のカラダへの影響

ガン、動脈硬化、炎症、生活習慣病、肝疾患、消化器疾患などと深く関わってきます。

サロンで活性酸素が発生する時は、カラーの2液の過酸化水素、パーマの2液の時にも使用する過酸化水素などを使用した時に発生します。この過酸化水素はその場で除去しなければ2〜3週間は髪や頭皮に残留すると言われています。これが2〜3週間頭皮に残って状態になると、紫外線などに当たることによりさらに酸化力の強いヒドロキシラジカルというものに変化します。このヒドロキシラジカルになると急激に酸化が始まり、各細胞などが酸化するのでそうなる前にケアするのが大切になってきます。

イッタナジオで出来る事は、過酸化水素や過酸化脂質などを分解し、これ以上肌の上で酸化が進まないようにストップ&除去してくれます。

 

 

糖化とは…糖は生命を維持するためのエネルギー源ですが、カラダに取り込まれた糖のうち、エネルギー源として代謝されない糖はタンパク質と結びつきAGEs(終末糖化産物)になります。

糖(取りすぎた糖)+タンパク質+体熱=AGEs

となります。

<余談ですが、ジュースやお菓子に入ってる「果糖ブドウ糖液糖」は異性化糖と言って、食事などから摂取するブドウ糖に比べて10倍以上の糖化を加速させてくれます、、、と言う事はどういう事かわかりますよね、、、糖尿病などのリスクにも繋がります。>

これが皮膚の中でどんな事が起きるかというと、皮膚の表面にあるケラチンというタンパク質と結び付くことによりくすみが起きます。黄ぐすみとも言います。肌のくすみが気になってる方は肌の表面で糖化現象が起きてる事になります。
そして、これが肌の中の真皮層と言われる所でコラーゲンやエラスチンもタンパク質でこの二つは弾力と保湿を保ってくれてる所で、ここで糖化が起きる事によりシミやたるみに繋がります。

これ以外にもカラダの中の99%を占める血管もタンパク質なのでここも糖化により硬くなり弾力を失うと、血流も悪くなり栄養が毛細血管を通じて行き届かなくなったり、動脈硬化や心筋梗塞などに血管系の病気にも繋がりやすくなります。

 

イッタナジオローションで出来るのは、糖とタンパク質がくっ付くのを防ぐ事です。そしてその効果により、肌のシミ・くすみやたるみ改善なども行なってくれます。

 

炎症とは…カラダが損傷を受けた時に原因を取り除いて修復する免疫反応。炎症には「急性炎症」「慢性炎症」「加齢炎症」三つがあります。

急性炎症はケガなどの外傷、風邪などが急性炎症になります。この急性炎症は特に問題ないです。

が、慢性炎症と加齢炎症はほったらかしにしておくと後々大変になります。

慢性炎症には2つのタイプがあります。

  1. 病原体を排除できずに炎症が続くタイプ
  2. 病原体がないのに起こる炎症。基本的に自己免疫疾患(自分の免疫細胞が自分の正常な細胞を攻撃する)だと考えられている。

慢性炎症は病気になるまで気づかない事が多く、気付いた時には、老化、関節リウマチなどの自己免疫疾患や動脈硬化、メタボ(肥満)、糖尿病、アルツハイマー病、ガンなどと関連して現代人に増えている様々な病気に炎症が関わってきてます。

加齢炎症は、細胞が老化することにで起こる炎症。
細胞が老化すると、サイトカイン(白血球が作り出す活性細胞で、この物質が白血球の働きをしている)を多く分泌するようになり、慢性炎症と同じように免疫システムが暴走し、正常な細胞までも壊すことになる。

なので、咳が続く、カラダの調子が悪い、ずっと何かしら不調が続いてるなどカラダに異変を感じているのであればカラダの中で炎症が起きてる可能性があります。

頭皮では赤みやかゆみなど、肌ではアトピー性皮膚炎など、カラダの中ではぜんそくや花粉症などが挙げられます。

解消するには、毒素をカラダの中から排出してくれる食べ物・飲み物などを摂取する、デトックス系のサプリ摂取するのも良いと思います。

 

まとめ

老化を抑えるにはこの三つをいかに抑えるかが重要で、どれか一つを抑えても他の二つを抑えてなければ老化は進んで行きます。

予防医学では老化原因のリスクを減らせば最大で20%ほど老化を抑えられると考えられています。

頭皮も肌もカラダも老化の原因は同じ。

 

 

イッタナジオで出来ることは、

  • 過酸化水素や過酸化脂質などを分解&除去
  • 肌や頭皮の上で酸化が進まないようにストップ&除去してくれます
  • 糖とタンパク質がくっ付くのを防ぐ事です
  • そしてその効果により、肌のシミ・くすみやたるみ改善なども行なってくれます
  • 頭皮の赤みやかゆみなどトラブルの解消

などが挙げられます。

老化のリスクを引くことにより、今のキレイを保ち、5年・10年先のキレイの未来もキレイのお手伝いをニコヘアーはしていきたいと思います😊

 

 

 

 

 

サロンのラインを始めました😊

よかったら友達登録してください✨

髪や頭皮の悩み、自分に合うシャンプーが知りたい、今使ってるシャンプーが自分に合ってるか知りたいなどあればライン登録のをして頂いて気軽にご相談ください✨

 

友だち追加