お客様から聞かれた事について(オーガニックカラーとは)

こんにちは😌

広島市南区段原・段原南にある、美容室・美容院、隠れ家サロンのニコヘアー、シャンプーソムリエ兼オーナーの原です( ^∀^)

ここ二日間、今までの雨が嘘だったかのように暑いですが気持ちの良い天気が続いています✨

この天気がここまま続いてくれないかなぁ、、、

さて、今回のお客様から聞かれたシリーズですが、

「オーガニックカラー」

についてです。

この言葉は数年前からよく聞いたり、ネットで見たり、雑誌にも取り上げられる事が多いと思います。

最初に簡単に結論から言わせて頂きます。(あくまで僕個人の意見でオーガニックカラーがダメとかそう言う事を言ってるのではないので勘違いしないでくださいね。)

「オーガニック成分が配合されてるカラー剤」

ただそれだけです。

え?

ええ??

えええ!!!

ただそれだけ!と思われたと思います。

実はそうなんです。

基本的なカラーの構造は変わらず、〇〇から認証を得た成分を使用してるとか、〇〇のオーガニック成分使用などと書かれているのがほとんどで使用してる成分は他のカラーと変わりはありません。

ただ、多少頭皮に対する刺激などは緩和されてたりします。(でも、今出てきているカラー剤は以前のカラー剤に比べて、大体の商品は頭皮に対する刺激は緩和されてます。さらに刺激を緩和するなら、頭皮に保護オイルを塗布するなどの方法があります。)

なので、勘違いされやすいのが、

「普通のカラーで頭皮がカブれたから、オーガニックカラーなら大丈夫でしょ」

とか

「オーガニックカラーなら安心安全」

とは思わないでください。

何故なら、

基本的な構造は普通のカラーと変わらない

からです。

カラーの色の成分はヘナ(ナチュラルのみ)、マニキュア、塩基性カラーなどと言われる物以外は基本ジアミンという成分が使用されます。
基本的にこれが頭皮のカブれやアレルギーを引き起こしやすい成分です。もちろんオーガニックカラーにも配合されてます。(この成分が無いとカラーの色味が作れないからです。)

ちなみに頭皮のピリピリ感などは、カラーを混ぜた直後に1剤と2剤の化学反応による事が多いので、最初はピリピリしてたけど、時間が経ったら治まった経験ないですか?治まったのはその反応が終わったからなんです。
でも、時間が経ってもピリピリ感が治らなかったよって方は頭皮にトラブルを抱えて、弱ってる状態だったり、乾燥してたり、過敏な状態になってるので、あまりにも酷いようならすぐに流してもらってください。

話が脱線したので戻ります。

本当の意味でのオーガニックカラーと呼べるのは、僕はヘナのナチュラルだけかなと思います。
他のインディゴやレッドなどのヘナもジアミンが使われている物もあるので。

ですが、確かに頭皮に対する刺激は普通のカラーよりは緩和されてるので、頭皮が弱い方やいつもカラーをしてピリピリ感が出るなど、何かしら気になる事がある方は試してみても良いと思いますよ。

 

ニコでもオーガニックカラーでは無いですが、オーガニッック成分が入ってるカラーを使用しているので頭皮に対する刺激は緩和されています。
それにニコ独自で更に頭皮に優しく・刺激が緩和されるように施術を行なってますので、今まで頭皮にピリピリ感などの刺激があって、カラーの施術が苦痛だった方はぜひお試しください。
でも、必ず刺激が無くなるわけではありませんので、その辺りは勘違いならないようお願い申し上げます。あくまで緩和させる程度なので、、、

 

 

サロンのラインを始めました😊

よかったら友達登録してください✨

髪や頭皮の悩み、自分に合うシャンプーが知りたい、今使ってるシャンプーが自分に合ってるか知りたいなどあれば気軽にご相談ください✨

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


一覧へ戻る